六味庵の菓子づくり

私どもは「出来たて」「搗きたて」「揚げたて」をモットーに、創業から60年経った今も変わらず、家族総出で早朝から丁寧な作業をしております。
代々、私どもは自分たちが作る菓子を「手塩菓子」と称し、我が子のように手塩にかけ、一つ一つに愛情を注ぎ込んで製造してまいりました。

お客様の「食」にかかわる者として、お客様の安心や健康を第一に考え、地元産の米や果物を使用することで、原材料までも生産者の顔が見える安心と、
添加物の使用を極力抑えた安全な菓子づくりを心がけております。

また、小さなお子様にも安心してお勧め頂けるような、無添加・無着色の菓子づくりにも積極的に取り組んでおります。

社長さらに、私どものこだわりは原材料の農産物にとどまらず、地元の資源「赤湯温泉」に着目し、その源泉水を利用した菓子「食べる赤湯温泉シリーズ」を製造しております。源泉水に含まれる豊富なミネラル分によって、旨みが最大限に引き出され、かつ、まろやかな味わいとなることから、地元の方々にも広く愛される商品となりました。

昔も今も変わらないお客様への感謝と菓子づくりへの想い。余計なものは足さず、大切な心は引かない。私どもは、どこか田舎くさくて、ほっと心温まる菓子づくりを
これからも追い求めていきます。